hair axis Blog

札幌市円山にある美容室hair axis/ヘアーアクシスの日常をお伝えします。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
Mobile
このブログはケータイでも見られます!

アドレスは http://blog.hair-axis.cc/

OTHERS
第24試合 〜アクシスW杯イベント結果〜
サッカーを愛する皆さんご機嫌いかかでしょうか。康太です。


W杯も無事に終わり、約1か月前行ったW杯の1.2.3位を当ててスペシャルケアコースをゲットしよう!!のイベントを皆さんは覚えていらっしゃいますか?





サッカー好きな方はトーナメント表にまでしっかり組み立てて考えていただけました。



そしてその結果発表なんですが、
全問正解・・・・・・・・・


・・・・・・


・・・・


・・






残念ながらいませんでした。



ではしかし
2チーム正解の方が1人!!


1チーム正解の方は8人!


となりました。



なので一番正解に近い2チーム正解した1名のお客様にスペシャルケアコースを差し上げたいと思います。

スペシャルケアコースは7/9からスタートさせて頂きましたHPにも載っている、育毛コースを1回文体験無料とさせて頂きます。

正解者にはDMにてお知らせします。


たくさんのご参加ありがとうございました。またイベント開催の際にはたくさんのご参加お待ちしております。
| axis | サッカーコラム | comments(0) | trackbacks(0) |
第23試合 〜決勝〜
サッカーを愛する皆さんご機嫌いかかでしょうか?康太です。


7/14ブラジルW杯決勝

ドイツVSアルゼンチン

W杯始まる前にこのカードが決勝に残ると考えた人は一体どれくらいいたでしょうか。
アクシスでW杯1次リーグ終了までにW杯1.2.3位を当てようイベントを行いましたが、その中でもこの決勝を当てた人はごくわずかでした。
当選の発表は後日発表させていただきます。




前半はドイツがボールを支配しているが、アルゼンチンの守備にてこずり、なかなかゴールを決めれない。アルゼンチンもカウンターで狙ってくるがゴール割れず、

後半アルゼンチンの攻撃を多く見せるがなかなか決めれず、後半終了して。
延長戦の後半8分クローゼと交代したゲッツェがゴールを決める。

個人的にはアルゼンチンを応援していたのでちょっと悲しいですが、素晴らしいゴールでした。
W杯通算ゴール16に伸ばしたクローゼから交代した若手のゲッツェへとドイツ代表のたすきが渡されたような感じですね。


そのまま終了して

1-0でドイツの勝利。


ドイツはいつもベスト4にはいきますが優勝は24年ぶり。
南米開催で欧州のチームが優勝は初です。
今大会のドイツチームはかなり強かったので、証明されましたね。

ドイツは昔から強いのですがなかなかチームとしては好きではなかったのですが、ちょっとファンになりました。2002年ブラジルに負けて育成システムを変化させ12年の歳月をかけて、若手も育ち、素晴らしいチーム作りになりました。
各国のその育成システムを取り入れてベルギーもかなり強くなってきています。
日本もまだまだサッカーでは発展段階。どんどん頑張って強くなってほしいです。
バルサU-12にいる久保くんやレアルU-12の中井くん
最高峰のチームに小学生くらいで所属している日本人もいます。
東京五輪のころには19.17歳くらいになっているので召集もありえます。
ぜひ強い日本が見たいですね。

ブラジルW杯でのコラムは終了となります。
サッカーネタで書くかもしれません。

W杯観戦の方本当にお疲れ様でした。



| axis | サッカーコラム | comments(0) | trackbacks(0) |
第22試合〜3位決定戦〜
 サッカーを愛する皆さんご機嫌いかかでしょうか?康太です。

早朝に3位決定戦終わりました。
ブラジルVSオランダ 結果としては0-3でブラジルの敗退。


オランダは3位を獲得。ブラジルW杯全7試合に時間内では負けることなく、大会を終了させました。オランダは強かったです。PKはほぼ運みたいなものなのでしょうがないものはありませすが、次回のW杯でもやってくれるでしょう。

ブラジルは準決勝でのドイツの大敗を食らった時と合わせると2試合で10失点。ずっと13年くらいサッカーを見ていますが、こんなブラジル代表聞いたことありません。


前半3分に早々PKを与えてしまい、ゴール。
確かにチアゴモッタがロッペンのシャツを引っ張っているのでファールですがひっかけたのはペナルティーエリア外でした。カウンターからだったので審判も完全に追いつけていなかったので審判の確認がとれなかったのか、その前のペルシーのポストプレイももっとチェック行った方がよかったではないかと。いつもブラジル代表ならここまでやらせていないでしょう。


支配はするも、オランダの5バックに悩まされた感じですね。
攻撃もオスカルが見せるも孤軍奮闘に終わります。


そして後半最後にダメ押し弾を食らい万事休す。
ブーイングが起きてもしょうがないんじゃないかと思います。逆にもうブーイングが起きないのなら完全に諦めれているということになってしまいます。


ブラジルは原因の究明解明しないとこのままひきづってしまいますね。監督、選手にしても。



またサッカーがW杯期間中でも変化してきているのかもしれません。
解明しないといけないのは日本代表だって同じことが言えます。監督を変えただけでは全て解決するわけではありません。個々の意識の変化だって必要です。
海外組がたくさんいたから過去のW杯より成績はいいものを収められると思いがちですが、そんなことはありません。
内田にせよ、長友にせよ、クラブの時の活躍する感じを日本代表には完全には反映できていないです。クラブの時は別物の選手に見えます。
本田、香川も同じです。

確かに一流選手もクラブ、代表には差がありますが、ポテンシャルの高さも元々違い、チームとしてはなあなあにはなりません。日本代表が強くなるためには個人の能力発揮しながらもチームの役割に反映。なんでもそうかもしれませんがやりたいサッカーをいかに具体的に創造させること。創造しないことには具体的なもの生まれてこないと思います。


話が日本に飛んでしまいましたが、

明けの14日の早朝にW杯決勝
ドイツVSアルゼンチン

楽しみましょう♪
| axis | サッカーコラム | comments(0) | trackbacks(0) |
第21試合 決勝を前にしてしっておくべきこと。
 サッカーを愛する皆さんご機嫌いかかでしょうか?康太です。

もうすぐでW杯決勝です。
ドイツVSアルゼンチン


3位決定戦
ブラジルVSオランダ


で観戦の前に知っておきたい情報をお伝えします。
まずは得点ランキング
1位ハメスロドリゲス(コロンビア)6点 
2位ミュラー(ドイツ)      5点
3位メッシ(アルゼンチン)    4点
となっていています。W杯の決勝トーナメントはだいたい1チーム3点以上の得点はでにくいのですがこの前のブラジルとドイツ戦のように合計8点動くこともありえますので、まだどうなるかわかりません。

個人的には大会を沸かせた、ハメスロドリゲスに得点王を取ってほしいです。


今回もしアルゼンチンが優勝した場合。
メッシは3世代世界制覇という史上初の記録を打ち立てます。
メッシはU-20、U-23とメッシのいたアルゼンチン代表は優勝しており、W杯優勝すると大記録が打ち立てられます。もし打ち立てたらメッシは歴代のアルゼンチンのレジェンドを超えますね。


あとW杯のジンクスでいうと

過去に南米開催のW杯でヨーロッパのチームは優勝したことありません。
ドイツはこのジンクスを打ち破ることができるでしょうか?



オランダの指揮官ファンハールは準決勝でアルゼンチンに敗退した後、インタビューで3位決定戦はするべきではないとコメント。
確かに、もう優勝にはいけないので、イベント的や賞金の兼ね合いでおこなってるところはあります。
そしてドイツに大敗を期した、ブラジルだって国民的にも無様な2連敗をみたいくないとは思います。

そのブラジルがドイツに大敗した準決勝は【ミネイロンの悲劇】と名前が付けられています。ここまでの試合は子、孫、ひ孫へと何百年と受け継がれていくだろうと言われています。
個人的には60年ほど前にあったマラカナンの悲劇につながるんじゃないかと思いました。

前半そうそう1点とられたうちはまだ応援の声も響いていました。しかし6分間で4ゴールを奪われ、泣き出す少年、ご老人、女性。席を立ってしまう人。座り込んでしまう人。
ケンカを始めてしまい、警備員に連行されていく人。

そして後半7点目をドイツがゴールした後はブラジル人サポーターもドイツがボールを回しているときに応援するようになり、逆にブラジルがボールを持つとブラジル人サポーターがブーイングをする始末。


試合終了予定5分前にはドイツ人サポーターに対してすぐにスタジアムを出ないでくださいとの事。
サポーター同士でケンカする事が予想されたスタジアム側の配慮である。


そしてドイツの勝利が決まった時にブラジル人サポーターはスタンディングオベーションでドイツ代表をたたえて、特に荒れるサポーターなく、諦めている状態だったみたいです。
ドイツ人サポーターが逆に3位決定戦をブラジル人サポーターに挙げている光景もあり、サポーター同士で友好的に楽しんでいるようすを垣間見れて、本当に荒れるサポーターがほんの一部だったという事でした。
サッカーは本当に素晴らしいと思います。色々なものを生みますね。感動、悲しみ、怒り、喜び。本当に素晴らしいスポーツだと思います。

ナンバーの記事を読んで改めて私もサッカーの素晴らしさを実感できたので抜粋して掲載させて頂きました。








| axis | サッカーコラム | comments(0) | trackbacks(0) |
第20試合〜準決勝〜
 サッカーを愛する皆さんご機嫌いかかでしょうか?康太です。



7.9.5:00〜 
準決勝1戦目
ブラジルVSドイツの試合を解説させて頂きます。

ブラジルは前の試合骨折したエース、ネイマールは試合に出れず、同じく前の試合で累積警告に
なったDFにしてキャプテンのチアゴシウバも出れない状態。

一方ドイツはベストメンバーで試合に臨みます。



開始早々3分にブラジルのマルセロがシュート放つ。そしてこれから39分間ブラジルはシュートすら放てない状態になる。


前半11分ドイツが初めてのCKをゲットすると、フリーのミュラーがボレーでゴール。
0-1
でもまだブラジルも観客もとれるだろうという感じで、ブラジルは前がかりになってきます。

そして
前半23分クローゼがシュート放ち、GKにはじかれるも押し込む!そしてゴール
0-2
クローゼはW杯通算ゴール数16にする記録を打ち立てます。


前半24分ドイツのクロースがゴール
前半26分ドイツのクロースがもう一度ゴール
前半29分ドイツのケディラがゴール

前半42ブラジルが前半2度目のシュート

0-5で前半終了。観客は涙を流している人もたくさんいるし、ブーイングもひどいまま。


後半。
ブラジルが目を覚ましたのか猛攻にでる。
前半7.8分ブラジルのオスカルとパウリーニョが3本決定的なシュートを放つが全てドイツのGKノイヤーははじく。


後半24分クローゼと変わったシュールレがゴール。
後半34分シュールレが角度のないところからゴール。
0-7

後半45分ブラジルのオスカルがカウンターからゴール
1-7
決勝トーナメントでここまで点差がつく試合なんて初めてみました。
ブラジルでは暴動も起きてますね。
自分は5点取られた時点で試合を見てるのがツラくなりましたね。





7.10.5:00~
オランダVSアルゼンチン
アルゼンチンはディマリアが出れないですがアグエロが投入。

オランダはベストメンバーで臨みます。

前半アルゼンチンは守備的に布陣を置き、オランダの攻撃を封じる。
メッシもう攻撃の起点となるが、なかなかゴール割る事ができず、
0-0で前半終了。

後半に入っても0-0のまま。
延長前後半でも決着つかない。
足が止まり始める時間帯でもアルゼンチンのマスチェラーノが身体を張り決定機を守り切ります。

そしてPK戦。
オランダから。
1フラール  ロメロにとめられてしまう。

アルゼンチン
1メッシ 見事ゴール。

0-1

2ロッペン 見事ゴール。

2ガライ 見事ゴール

1-2

3スナイデル ロメロに弾かれる

3アグエロ 見事ゴール

1-3

4カイト 見事ゴール

4マキシロドリゲス 見事ゴール

2-4

PK戦の末アルゼンチンの勝利!

オランダは2戦連続でPK戦でしたが前回のようにGKを変える事もできず、ピッチの上では調子が良かったフラールはPKでは期待に応えれませんでした。


7/13 5:00〜フジテレビ系列 3位決定戦
ブラジルVSオランダ

7/14 4:00〜NHK 決勝
ドイツVSアルゼンチン

となりました。あと2試合で決着がつきますね!楽しみです。
| axis | サッカーコラム | comments(0) | trackbacks(0) |
第19試合〜トーナメント準々決勝〜
 サッカーを愛する皆さんご機嫌いかかでしょうか?康太です。


では今日の朝終わりましたベスト4以上決定の試合の方解説させて頂きます。





7/5
フランスVSドイツ
ドイツはフランスに勝利すると4大会連続ベスト4進出となります。さすがゲルマン魂のドイツ。いい試合を見せてくれるでしょうか。個人的にフランスはとっても好きなチームなのでフランスに勝ってほしいとは思ってしまいます。


前半早々13分FKを得たドイツはトニ・クロースのクロスからフンメルスがゴールを決める。
その後。ドイツはあくまで攻撃的にはならず、しっかり守備を固めて、そのままの得点ままいくような感じで、フランスも後半終わりそうになってから怒涛の攻撃を見せるが、決まらず、ベンゼマ抑えこまれました。
そのままスコアも変わらず、何よりお互いミスが多い。

1-0でドイツの勝利で試合終了。なにか味気ない試合でした。
ドイツ対フランスいったら過去にもたくさんの名勝負を繰り広げてきたというのに。
ドイツの監督レーブは結果主義者なのか、ゲルマン魂を今のドイツに薄れていると感じるのは私だけなんでしょうか。





ブラジルVSコロンビア
さあ開催国と日本をボコボコにしてくれました今大会注目のコロンビアです。

前半7分にネイマールのCKにチアゴシウバがゴール。
後半24分ダビドルイスが芸術的なFKを決めて2点とし、その後後半35分にハメスロドリゲスがPKで返すもスコアは2−1でブラジルの勝利。
しかしブラジルはチアゴシウバが2枚目累積警告を受け、次の準決勝のドイツ戦には出れず。
そして試合終了間際にコロンビアのスニガがネイマールに激しく競り合い。ネイマールは腰を骨折してしまい、ブラジルは進みますが、ネイマールの今回のW杯は終わってしまいました。とっても残念です。

一方、ネットではレジェンドのマラドーナがベラスコ・カルバーリョ主審(ブラジルVSコロンビア戦主審)を非難。
退場すべきだったジュリオセザール、フッキをそのままにした。と。
それでコロンビア選手はフラストレーションがたまってスニガがネイマールが激しく言ったのも気持ちもわからなくはない。この主審はFIFAが任命いた審判なのでブラジル開催だからと言って八百長なのかと疑われています。またスペイン誌ではこのカルバーリョ主審が決勝のホイッスルを吹くのではないかとささやかれいます。

ハメス・ロドリゲスは大会6ゴールで幕を閉じました。

7/6
アルゼンチンVSベルギー
前半8分イグアインが先制点。このままアルゼンチペースかなと思ったが、前半33分にアルゼンチンの攻撃の要のディマリアが負傷交代。今大会中の復帰は厳しいみたいです。試合に違うリズムを付けれる選手を失ってしまいました。
その後、追加点はとれず、後半終わりの方はベルギーのパワープレーに負けずに守りきり
1-0でアルゼンチンの勝利。

アルゼンチンのベスト4は24年ぶりです。


オランダVSコスタリカ
オランダに多くのチャンスがありましたが、全てコスタリカのナバスによって弾かれ、オランダはゴールは奪えす、
前後半、延長戦をしても結果つかず、PK戦へ。延長後半終了にオランダのGKティムクルルに交代。
その交代があたり、コスタリカのシュートはじいて0(4)-0(3) でオランダの勝利。
ナバスには敢闘賞をあげてもいいでしょう。




これでベスト4の組み合わせがきまりました。


7/9
ブラジルVSドイツ
7/10
オランダVSアルゼンチン

となりました。

今更書いたら八百長じゃないかと思われるかもしれませんが
アクシスのW杯3位までの予想で
私の予想のチームが残っているのでうれしいです。
ちなみに1アルゼンチン2ブラジル3ドイツ
にしていました。みんな出れない選手やけが人もでているのでまだどうなるかわかりません。試合がたのしみですね。
| axis | サッカーコラム | comments(0) | trackbacks(0) |
第18試合〜トーナメント1回戦〜
 サッカーを愛する皆さんご機嫌いかかでしょうか?康太です。

更新が遅くなり、申し訳ないです。今日の朝でトーナメント1回戦終わりましたので解説行きたいと思います。


6/29
ブラジルVSチリ     1(3)ー1(2)でブラジルが勝利。
好調同士の戦い。前半18分CKからブラジルが先制点。しかし前半32分チリが同点ゴールを得る。チリは背丈はそれほど大きくないですが、ハイプレスと運動量の多さでいろいろなチームを圧倒してきました。
1−1のまま後半も終わり。
延長戦になり、キープはブラジルペース、たまにチリが攻撃するがバーに弾かれる。

そして決着つかずPK戦へ、2人ともに外して、5人目のネイマールはきっちり決めて、チリはポストに弾かれて、決着がつきました。
ブラジルベスト8進出です。

ネイマールは勝利が決まった瞬間感極まり涙を流しました。ブラジルの国民が見る中での地元開催ブラジルにも絶対勝利というプレッシャーを感じているのでしょう。

チリも素晴らしいチームでした。今後にも期待です。



コロンビアVSウルグアイ    2−0でコロンビアの勝利。
ウルグアイのエース、スアレスはイタリア戦でキエッリーニに噛み付き、大会9試合出場停止と4ヶ月サッカー活動禁止を受けたのでもうメンバー外となりました。
スアレス不在のウルグアイです。

南米対決なのでサポーターも多く、歓声もすごいです。
コロンビアペースで支配率も圧倒的にコロンビアのものでした。
カウンターでフォルランがゴールを狙うも決まらず、攻撃力にもの足りなさを感じました。
そして前半28分ハメス・ロドリゲスのスーパーゴールが飛び出しました。鳥肌ものシュートの強さ、コース完璧でしたね!
そのままコロンビアリードで後半に折り返します。

後半5分クアドラードの折り返しにフリーのハメス・ロドリゲスがゴール。
その後ウルグアイの猛攻をウケますが守備陣が踏ん張り、そのまま終了。
コロンビアは初のベスト8。
ハメス・ロドリゲスは5得点を重ねて得点ランキングも首位となりました。大注目の22歳ですね。若いのにここまでプレーできるなんて素晴らしいです。
過去のコロンビアの英雄バルデラマを超える活躍ですね!
前回ベスト4のウルグアイはもう姿を消すことになってしまいました。



6/30
オランダVSメキシコ    2−1でオランダの勝利。
前半は0−0のまま折り返します。
そして後半3分こぼれ球を拾ったドス・サントスがオランダDFに囲まれながらもミドルシュートを決める。
そして後半の40分もいき、このままメキシコの勝利なのかと思った矢先に43分CKからフンテラールがボールと落とし、スナイデルが豪快にシュートを決めて、追いつく!
このまま延長戦かと思ったアディショナルタイムにロッペンが倒され、PK
フンテラールが冷静に決めて逆転で試合終了。
オランダのベスト8進出が決定しました。

しかし、ロッペンが倒されPKを奪いましたがマリーシアというふうに言われてますね。
確かにメキシコDFは足をちょっとはかけていますが倒されるほどではないですね。でもこういうあざとさも必要なときはありますね。現代の日本人でもマリーシアをする選手はほとんどいないと思います。足の早いドリブラーがよくやるイメージ。クリロナとかブラジル選手。
宮市とか永井とか足も早いからそれくらいのあざとさも少しはあってもいいかと思います。




コスタリカVSギリシャ   1(5)−1(3)でコスタリカの勝利。
コスタリカの快進撃すごいですが、相手はグループリーグ最下位から勝ち上がったギリシャ。
ダークホース同士の対決ですね。
前半は0−0とどちらも決めれず。
後半7分コスタリカのFWルイスが先制点。しかし後半ロスタイムにギリシャが同点ゴールを決める。コスタリカは退場者を出しているので、10人で延長戦も戦います。
その延長前後半、かなりギリシャに攻めこまれましたが守りきり、ゴールが決まらず、このままPK戦となります。
ギリシャ4人目のキッカーのシュートをコスタリカGKのナバスが弾く!
そしてコスタリカ5人目もきっちり決めてコスタリカPK戦を制しました。
コスタリカベスト8進出です。まだまだ快進撃が続きそうですね。
GKのナバスにはビッククラブからのオファーが噂されています。
このままいい成績を収めたら電撃移籍もありえますね!




7/1
フランスVSナイジェリア     2−0でフランスの勝利。
フランス好調を見せていますね!ベスト8は2大会ぶりみたいです。
前半は0−0d折り返すも、
後半34分フランスの若手21歳のポクバがヘディングでゴール。
その後オウンゴールを誘って2点となり、試合終了。
フランスベスト8進出です。
フランスW杯優勝メンバーのデシャン監督。結果主義みたいなところがあるんじゃないとか囁かれていますが今後どうなるか期待です。


ドイツVSアルジェリア      2−1でドイツの勝利。
この対戦過去に因縁があります。
82年W杯スペイン大会にて、予選グループで西ドイツはアルジェリアと対戦。
西ドイツはアルジェリアに1−2で敗退し、その予選の最終戦で西ドイツとオーストリアはドイツが1点先制したあと無気力試合を展開し、1−0でドイツの勝ちそして、ドイツとオーストリアが予選突破。談合があったのではないとか議論され、その後予選グループの最終戦は同時刻に試合を開始するようになりました。

試合はドイツペースで進むがアルジェリアが素早いカウンターを見せる。
しかし、前後半と得点は決まらず、そのまま延長戦へ
延長前半2分途中出場のシュールレがヒールでゴールを決める。
そして延長後半15分シュールレのシュートのこぼれ球をエジルが豪快にシュートを決める。
決まったと思ったそのロスタイムアルジェリアは執念のゴールをし、あと1点だったがドイツの固い守備にもう1点決めれず、試合終了。
ドイツベスト8進出です。
アルジェリアは残念でしたね。この悔しさを活かして頑張って欲しいですね。


7/2
アルゼンチンVSスイス        1−0でアルゼンチンの勝利。
前半は互角の試合展開を繰り広げてます。
後半はアルゼンチンペース。しかし決まらず。
延長戦でもディ・マリアがシュートをたくさん放ちますが決めきれず。
延長後半13分にメッシが起点となり、ディ・マリアがゴールを決める。
アルゼンチン28本目のシュートでやっと決まりました。

スイスもシャキリを中心に攻撃を組み立てていきましたが決めきれず、そして監督のヒッツフェルトのお兄さんが死去したらしく、勝利を送りたかったと思いますが、スイスは残念ながら送れず。アルゼンチンは3大会連続ベスト8進出です。
スイスがもし勝利していたら60年ぶりのベスト8だったようです。



ベルギーVSアメリカ        2−1ベルギーの勝利。
この対戦の2週間前に非公開非公式の練習試合をベルギー対アメリカで組んでやっていたみたいです。それも開幕戦のブラジル対クロアチアの時刻に。なぜマッチメイクしたのは謎ですが。

支配率は若干アメリカが多く。しかしシュートの数ではベルギーが倍以上を上回っていましたが、ことごとく、ハワードに守られて、0−0のまま前後半が終わり
延長前半3分デ・ブライネがゴール。15分にはルカクもゴール。
後半2分アメリカの超若手グリーンがゴール決めるもその後決まらず、試合終了。
ベルギーベスト8進出です。ベルギーの黄金世代の活躍まだまだ続きそうですね。
           

次のベスト8の対戦表は
休憩日をはさみまして
7/5ブラジルVSコロンビア    フランスVSドイツ
7/6アルゼンチンVSベルギー  オランダVSコスタリカ
となっています。2日ほど休めそうですね。
W杯をしっかり鑑賞されている方、体調崩さないように頑張りましょう。

| axis | サッカーコラム | comments(0) | trackbacks(0) |
第17試合〜グループG,H〜
 サッカーを愛する皆さんご機嫌いかかでしょうか?康太です。

これで最後の予選グループG,Hの解説いきます。

グループG
ポルトガルVSガーナ    2-1でポルトガルの勝利。
その試合の前にガーナ代表のボアテング、ムンタリの主力選手が監督に暴言、協会スタッフに暴行と図ったとしてガーナ代表無期限出場停止によりポルトガル戦おろかW杯離脱となりました。
この選手がいたらガーナも予選突破していたかもしれないのにどういう原因があったかはわからないですが、残念です。

ポルトガルは初戦でレッドカードをもらったペペが帰ってきて、けが人も復活してきました。
前半途中にガーナのオウンゴールでポルトガルが先制点。
後半に序盤にギャンがヘディングでゴール。
後半40分にC・ロナウドが今大会初得点をマークしました!!気迫のゴール。
お互い打ち合い決まらず、そのまま終了。



一方
アメリカVSドイツ     0-1でドイツの勝利。
アメリカの監督クリンスマンとドイツの監督レーブの新旧ドイツ代表監督対決となりました。
前半得点決まらず、後半10分ミュラーのミドルが決まり、そのまま終了。
ミュラー好調ですね!
ドイツは首位でグループ突破。アメリカも勝ち点はポルトガルと同じですが、得失点差でポルトガルを上回り、アメリカも2位で突破。
おめでとうございます。



グループH
ベルギーVS韓国    1-0でベルギーの勝利。
もうトーナメント出場を決めていたベルギー。コンスタントに試合運びしていましたが前半終了間際にデフールが相手選手の足をふんでしまい、退場。
後半33分にオリジがシュート、はじかれたのをフェルトンゲンがゴールを決める。
結果として勝利をもたらした。
ベルギーはグループHを負けなしの首位で突破。おめでとうございます。


アルジェリアVSロシア    1-1の引き分け。
アルジェリア選手が怪我でピッチを離れている間に前半ロシアがゴール。
ロシアは必ず勝利が必要だった。
しかし後半アルジェリアが同点ゴールをたたきこむ。
ロシアは決定力に欠け、そのまま引き分けで終了。
この結果によりアルジェリアが2位でグループ突破を決定しました。
おめでとうございます。
これでトーナメントのチームが決定しました。

今日の夜からまたトーナメントが開始します。
ブラジルVSチリ   コロンビアVSウルグアイ
スアレスはいなくなったウルグアイはどうなるか見ものです。
| axis | サッカーコラム | comments(0) | trackbacks(0) |
第16試合〜グループE.F〜
 サッカーを愛する皆さんご機嫌いかかでしょうか?康太です。



グループE
ホンジュラスVSスイス     0-3でスイスの勝利。
支配率ではかなりホンジュラスが支配していました。
しかしスイスの新星のバイエルンのシャキリがハットトリックの活躍!!
トーナメントでも活躍してくれそうな仕事ぶりですね。
若いのにすごいです。ビッククラブから声がかかりそうですね!!!
スイスグループリーグ突破おめでとうございます。


エクアドルVSフランス     0-0で引き分け。
フランスの方がボールは支配してシュート数もエクアドルの倍打っていました。
今大会フランスは初のドロー。攻撃陣が眠ってしまいましたね。
しかしフランスは突破決定しました。おめでとうございます。



グループF
ナイジェリアVSアルゼンチン   2-3でアルゼンチンの辛勝。
シーソーゲームの展開でした。前半すぐディマリアがシュートしてGKがはじいたところをメッシが決める!3試合連続ゴール。

しかしその直後ナイジェリアがゴールを決める。
ディマリアが積極的にミドルを放つが入らず。
そして前半ロスタイムに正確なFKでメッシがゴール!!

後半始まって間もなく、またしてもナイジェリアのムサが2得点目。
またそのすぐアルゼンチンのロホが逆転。


ナイジェリアはアルゼンチンには負けましたがグル―プリーグ突破。
アルゼンチンも首位で突破です。おめでとうございます。




ボスニア・ヘルツェゴビナVSイラン     3-1でボスニアの勝利。
ボスニアはW杯初勝利となりました。
そしてボスニアのエースジェコがやっと決めてくれました。低い弾道のミドルでゴールを得ました。
ボスニアが支配して、後半途中にピャニッチゴール。
その後イランに返されるも、またボスニアのゴール。
ボスニアは初出場初勝利を収めて大会を後にしました。


今日の夜中は
グループG
アメリカVSドイツ   ポルトガルVSガーナ
グループH
韓国VSベルギー    アルジェリアVSロシア

この予選が終わる27日までアクシスのW杯イベントも締切とさせて頂きます。
まだやられていない方はお早目に。

| axis | サッカーコラム | comments(0) | trackbacks(0) |
第15試合〜グループC、D〜
 サッカーを愛する皆さんご機嫌いかかでしょうか?康太です。

つい先程終わりました。
グループD
イタリアVSウルグアイ          0−1でウルグアイの勝利。
この試合ずっと見ていました。前半イタリアが支配率では優っていました。
ピルロのFKやゴールに迫るシーン再三あったのですがなかなかイタリアは決めきれず、引き分けのままでしたらそのままイタリアはトーナメントに行くことも出来ました。

しかし後半からマルキジオが一発レッドの判定。故意ではないとは思いますが相手選手のすねをスパイクの裏で蹴ってしまってそしてタックルもしていて、なおかつ審判の目の前だったのでしょうがないのかもしれません。
その退場からイタリアのペースが変わってしまい、とうとうゴール前にたくさんいたウルグアイ選手の気迫のゴールで均衡が破られました。
このゴールのまま終わり、ウルグアイが決勝トーナメント進出しました!おめでとうございます。
イタリアは前大会に続き、予選敗退となってしまいました。


コスタリカVSイングランド       0−0で引き分け。
ちょこちょこしか見てなかったのですが、イングランドもチャンスは作りますが、決定機には至らず、そのまま引き分けのまま終わってしまいました。
コスタリカはこのまま予選グループ突破を決めました。今大会のダークホースとしてトーナメントではどこまでやってくるでしょうか。この死のグループを突破したことは大きいです。

さすが南米開催!欧州のチームが抜けれないなんて厳しい試合ですね。




グループC
日本VSコロンビア
始まりましたこの一戦。
寝起きで開始4分くらいから見ましたが、日本!今までの試合と全然違いますね。
攻撃にしても守備にしても積極的で、支配率も高い。何よりシュートの数で圧倒しています。
コロンビアにファールを与えてしまってPKとられてしまいましたが、1点献上。
しかしその後の日本の攻撃も衰えず、何度もゴールのにおいを感じさせて、後半ロスタイムぎりぎり、岡崎のゴールで1−1にして前半終了。
コロンビアは3,4本?くらいしかシュート打ってません。



他会場
ギリシャ対コートジボワール
試合は見れてませんが前半終了で1−0でギリシャが得点して折り返しています。



あと2点とってくれれば日本も次のトーナメント行ける可能性を秘めています。
前半で追いついたのはとっても期待できます。前半の動きをちゃんと後半でも出して、なんとか言って欲しいです。





では後半開始
日本VSコロンビア
最初怒涛のコロンビアの攻撃に耐える感じになる。でも日本もラインを上げたり、攻撃に転じたりとよかったが、ハメス・ロドリゲスのパスからマルティネスが決め、
その後ももう一度マルティネス、ハメス・ロドリゲスが決め。

1−4でコロンビアの勝利。
日本の敗退が決まりました。


一方
ギリシャVSコートジボワール
コートジボワールが1点追いつき1−1になりましたが後半ロスタイムにギリシャが決勝点を演出。

2−1でギリシャの勝利。
この結果によりコロンビア1位ギリシャ2位となり。
日本、コートジボワールは敗退となりました。


日本の試合は終わってしまいます。課題の残ることも多いで
すがこれからの日本の成長のためにいい経験だったと思います。成長してほしいです。



明日は
グループE
ホンジュラスVSスイス     エクアドルVSフランス
グループF
ナイジェリアVSアルゼンチン  ボスニアVSイラン
があります。
各グループの1と2位対決のエクアドルVSフランス ナイジェリアVSアルゼンチン
を見ようと思います。
寝れない日々が続きますね。皆さんも体調を崩さないようにがんばりましょう。
| axis | サッカーコラム | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>